体臭ケアや汗予防にジェルが役立つんです

体臭ケアや汗予防にジェルが役立つんです

体臭ケアや汗予防に役立つもとのして、ワキガ用のジェルがあるのを知っていましたか。

 

ワキガに悩む人は、多いと思います。電車や人の多いところでは、自分の体臭のせいで人の目が気になりよけいあせって汗もでてきます。ワキガを気にしすぎると緊張してかえってアポクリン腺の分泌を促して異臭を増大させてしまいます。ワキガの対策として制汗効果と除菌率の高いクリームを使用したが効果があります。

 

クリアネオが効果があります。肌に直接つけるものなので、無添加で無香料です。香料があると、どうしても匂いが混ざるので無香料がいいです。

 

クリアネオのクリームは、汗とにおいの対策をしてくれます。いやなにおいの原因は、汗と雑菌です。ソプロビルメチルフェノールが菌を殺菌して、パラフェノールスルホン酸亜鉛が制汗してくれます。

 

渋柿エキスも配合されているので、さわやかさを保ってくれます。においを抑制する植物性成分を配合しているので肌にもやさしいです。肌に悪いといわれる着色料、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤は使用していません。

ワキガジェルを使うメリット

ワキガにジェルを使うメリットについて掲載していきます。

 

夏の暑い時期になると多汗になり臭いが気になります。特にワキガでお困りの方にとっては特有の臭いが周りに迷惑になっていないか心配になってしまいます。そんな方にお勧めなのが、ワキガのためのジェルです。

 

まず制汗スプレーと比較しても長時間の持続性がある点です。制汗スプレーは使用後数時間程でその効果が消えてしまいます。

 

しかしワキガ対策クリームは12時間程の持続性を持っている為、何回も使用しなくて済むのです。さらに汗をかいても流れ落ちる事は無いのでその効果は絶大な物となっています。次に黒ずみになり難い点です。

 

制汗スプレー等を使用すると毛穴が詰まる原因となってしまいます。毛穴が詰まる事で細菌が繁殖しやすい環境となり黒ずみの原因となってしまいます。しかしワキガ対策クリームは毛穴を詰まらせない素材にて構成されているので黒ずみになり難いのです。ワキガでお悩みの方にとってはワキガ対策クリームはお勧めとなっています。

ワキガジェルを使うデメリット

ワキガにジェルを使うデメリットについて掲載していきます。

 

汗ばむ暑い時期になると気になるのが汗の臭いです。特にワキガを抱えている方にとってはイヤな臭いが気になってしまいます。そんな方が使用しているのがワキガ対策クリームかと思われます。

 

しかしワキガ対策クリームにはデメリットな点もあるのです。まず値段が高い点です。制汗スプレー等であれば市販価格で300円程にて手軽に購入出来る物となっていますが、ワキガ対策クリームは1本でも2000円程となっており、経済的負担が大きい物になってしまいます。

 

さらにワキガにもさまざまな種類があり、購入したクリームが自身に効果があるのかは使用してみないと解らない物となってきます。せっかく購入しても効果が感じられないとただ無駄に高い物を購入しただけとなってしまいます。その為自身の症状をしっかりと把握する必要があります。

 

ワキガにジェルを使うのは多くのメリットな点もありますが、デメリットな点もたくさんあるのです。

ワキガジェルにはしっとりとサラサラの2タイプがある

ワキガジェルにはすぐに肌に馴染むサラサラタイプと、なかなか肌に馴染まないしっとりタイプがあるようですね。

 

実際にいくつか試してみて発見しました。でそれらに何か違いはあるのかということですが私が体験した感じだとしっとりタイプの方が効果の持続時間が長いです。あくまで私の感想ですが、体感的には倍くらい消臭効果時間に差があったと感じました。

 

ではサラサラタイプの方は買わない方が良いのかというとそうでもありません。サラサラタイプの方はあっという間に肌に馴染みますので洋服を汚しません。脇にパッドのようなものを付けなくてもまったく洋服が汚れないので時間が無い時や屋外で使うには最適だと思います。

 

しっとりタイプの方は製品にもよりますが、脇パッドは必須だと思いました。洋服にかなり染みがついてしまううえにそれが洗濯してもうっすら残るなんてこともあるんです。ですので何かしらの対策は必要になってくると思います。

 

どちらのタイプのワキガジェルを選んだら良いのか迷いますね。

 

ワキガ対策クリーム

2016/09/13 14:53:13 |
ワキガを改善するための使い方を紹介しましょう。ワキガ対策クリームは1日数回使うと効果的です。使う回数だけでなく、使うタイミングも重要です。ワキガ対策クリームを使用するのに適しているのが入浴後です。寝ている間は汗をかきやすく、汗に含まれるタンパク質や脂質などをもとに菌が繁殖します。入浴後の清潔な肌にワキガ対策クリームを塗っておけば、寝ている間の菌の繁殖が抑制されます。日中もこまめに塗り直しをしましょう。仕事中は塗りにくいかもしれないので、朝の身支度のときに使用するとよいでしょう。それ以外の時間帯も、塗り直せるようなら1~2回ほど塗り直しをします。塗るときには汗をしっかりと拭いておきます。汗が肌に付着したままだと、殺菌成分や消臭成分がしっかりと肌に密着しないので、効果が十分に発揮されません。そのため、しっかり密着させるためには汗を拭き取ることが大切です。乾いているもので拭くよりも、ウェットティッシュや湿らせたタオルなどで拭いた方が、汗の成分を拭き取ることができます。